業務内容

VRS・RTK・GPS測量

GPS測量は人工衛星からの情報を使用して観測し高精度の測量が出来ます。VRS・RTK測量は仮想基準点方式と呼ばれ、複数の電子基準点の観測データーから、測量現場のごく近傍にあたかも基準点があるかのような状態を作り出す技術です。RTK・GPS受信機一台で高精度な測量を行うことができます。VRSは、仮想基準点利用でGPSは1台のみで行う為、移動局の作業員は1名で観測可能です。観測時間、コストに関しても優れた利点があります。又弊社ではGPSで変位測量などにも使用します、他にVRSを使用して航空写真測量の対空標識の観測や横断測量や深浅測量にも使用しています。

Home
会社概要
業務内容
BBS
リンク
MAIL

基準点測量

 基準点測量とは、測量の基準となる位置を定める重要な作業です。これらは測量の中でもっとも重要な分部で高い精度を求められています。従来はトータルステーションで観測していましたが。最近では人工衛星を使用して観測する、GPS測量が主流となっています。又3・4級精度ならばVRS・RTK・GPS観測でき短時間で観測でき多くの基準点を設置することも可能です。

水準測量

水準測量とは主に標高を求める測量であり、道路工事や河川改修工事や沈下調査などに使うため高さをミリ単位まで求めるられる測量です。弊社では発電所の沈下測量を年一回実施し、海岸沿いの水準点台帳の致しました。

地形測量

地形測量とは、地球表面上の自然的及び人工的な状態を正確に測定して、地形を図示した地図すなわち地形図を作成する測量です。測量の性質上から見れば、平面的な位置関係を求める測量と同時に高低測量を兼ねたものです。弊社ではライカ製のTSを使用し自然災害や危険な場所などをノンプリズム測距機能を使い観測しております。

深浅測量

深浅測量とは、海や川の測量で主に船から音響測深器を使って海や川の深さを測ることです。位置の測定は、まず陸の測線誘導点から船の航行を誘導し、別の誘導点から測深位置を観測して水深を測定した場所を定めます。次に、現地で誘導方向上に船を走らせ誘導点からの角度で位置を割り出します。水深は、水中に音波を送信し海底に反射されて戻ってくる音波を受波機により受信しその所有時間を伝播速度にて計算して求めます。 水深は水温・塩分濃度等により伝播速度が異なる為、これらの補正を行い算出します。又弊社では船の航行を誘導をGPSを使用した深浅測量もしております。

ライン